古地図を片手に、ぶらり萩あるき 堀内コース特別編

38

上級武士の屋敷跡が並ぶ風情溢れるエリアをめぐる

萩城・三の丸にあたる堀内伝建地区は、萩藩の毛利一門や永代家老などの上級武士が住んでいた広大な武家屋敷跡。時代が移り替わり、「土塀と夏みかん」の町並みが生まれた物語に耳を傾けてみましょう。歩いた後は、萩博物館レストランの夏みかんスイーツでひと休み。萩博物館レストランやショップで使えるお買い物券がついてきます。

もてなす人

チーム歩隅見/NPO萩まちじゅう博物館 

萩の良さを感じてUターンし、萩のことを学び直してガイド活動を始めた、古地図ガイドチームです。

歴史の面影が残る萩の町並みをガイドと一緒に、深く・おもしろく歩いてみませんか?

過ごし方

Schedule

  1. 萩博物館 正面玄関前集合
  2. 堀内伝建地区(本町・御成道、問田益田氏旧宅土塀、口羽家住宅、堀内鍵曲、旧児玉家長屋など)
  3. 萩博物館レストランで休憩後、随時解散(約2km/約2時間)
  4. 特典のお買い物チケット1000円分で、萩博物館レストランでのお食事や萩博物館ミュージアムショップでのお買い物が可能です。

※当日の天候や営業状況により変更の場合があります

フォトギャラリー

Photo Gallery

堀内本町筋 土塀や石垣に刻まれた武家屋敷の特徴を見つけながら歩きます。
堀内鍵曲 見通しのきかない鍵型の道を歩いて体感します。
平安橋 萩城の外堀(新堀川)の水辺に映る武家屋敷の緑の景色をご覧いただけます。
川に囲まれ、三角州の上に築かれた萩のまちで、昔の人も眺めた河畔の景色をご覧いただけます。
ランチメニューの一例:山口県産牛のハヤシライス ※お好きなメニューをお選びいただきます。
お食事後に食べていただける夏みかんスイーツ(ミニ夏みかんソフトクリーム)

出会えるおたから

Treasure

堀内伝統的建造物群保存地区

江戸時代の武家屋敷地の雰囲気を今に伝える町並み。土塀や長屋門などが通り沿いに残り、武家屋敷の名残りを見せる庭木や生垣の緑が彩る穏やかなエリアを散策することができる。

堀内鍵曲

鍵型に曲がって、見通しのきかない、迷路のような街路。江戸時代にタイムスリップしたかのような景色の中を歩ける。

平安橋・平安古の総門跡

城内と城下を隔てた外堀(新堀川)にかかる片持ち梁構造の石橋。18世紀後半の架橋。橋を通ると、かつては「平安古の総門」があり、常に厳しい監視が行われていた。

その他

萩城外堀:萩城内と城下を分けた外堀。城下町の人口が増える中で、建設当初から幅がだんだん狭められていった歴史を持つ。現在は外堀遊歩道としてゆっくり歩くことができる。井戸や茶わんのかけらなど、かつての人々の暮らしも垣間見ることができる。

開催情報

Information

開催日11月17日(金)~26日(日)
時間10時~13時
(まちあるき2時間、休憩やお食事等で1時間程度をめやすにしています。その他の時間帯をご希望の場合は、お問い合わせください。)
集合場所萩博物館
〒758-0057 萩市堀内355番地
アクセス【萩循環まぁーるバス】東回り「萩博物館」バス停下車すぐ
中国自動車道美祢東JCT~絵堂ICから約25分
駐車場萩博物館前駐車場をご利用ください。
普通車93台、バス8台
料金大人:2,200円(1名様でお申込みの場合は+500円)
子ども(小学生):1,350円
*まちあるきガイドツアーの参加料、夏みかんスイーツ代、萩博物館レストランまたはミュージアムショップで使える1000円分(子どもは500円分)のお買い物チケットがセットになった値段です。
お支払い方法現金・クレジット(オンライン予約時の決済のみ)
定員最小1名~最大10名
準備するもの歩きやすい服装、雨具、飲み物
注意事項少雨決行。警報級の荒天が事前に予想される場合には、当日朝までに開催の有無を決定しご連絡いたします。
予約方法・電話(平日 9時~17時)
0838-25-3177

・WEB(随時受付)
古地図を片手に、ぶらり萩あるき 堀内コース特別編
予約申込期限3日前
キャンセル3日前:ご予約料金の10%
2日前:ご予約料金の20%
前日 :ご予約料金の30%
当日 :ご予約料金の50%
無断キャンセル:ご予約料金の100%
こんな人におすすめです
  • 古い町並みの雰囲気が好きな人
  • 難しい歴史ではなく、目に見える景色の裏にあるちょっとしたエピソードを聞きながらのんびり歩きたい人
このプログラムのキーワード
, , , , ,