旧家で楽しむーお抹茶体験

18

萩焼茶碗で自分でお抹茶を点ててみるー初心者の方も楽しめます

江戸時代毛利藩の豪商菊屋家で実際に抹茶を点ててみる体験です。抹茶を美味しく点てるコツやお道具の扱い等を伝えつつ、「生活の中で気軽に楽しむお茶」であった本来の萩そして菊屋家のお茶の楽しみ方や、忙しい日常のリフレッシュの為のお茶をお伝えするものです。

もてなす人

菊屋 京/重要文化財 菊屋家住宅

江戸から令和へ城下町に美しい佇まいを見せる毛利藩の豪商菊屋家。

選べる萩焼の抹茶茶碗で美味しいお抹茶をお楽しみ下さい。

過ごし方

Schedule

  1. 菊屋家住宅に集合、受付を済ます
  2. 菊屋家住宅の一般公開の館内を案内付で見学
  3. 茶室や座敷にてお抹茶体験(2服点てていただきます)
  4. 終了・解散

※当日の天候や営業状況により変更の場合があります

フォトギャラリー

Photo Gallery

ガラス越しに美しい庭を見ながらお抹茶を点てます。
美しいお庭と屋敷の奥にある新座敷が会場です。
お抹茶の点て方はていねいに教えますので、初心者でも安心です。
上手に点てました
萩焼はいいなあ

出会えるおたから

Treasure

国指定重要文化財 菊屋家住宅

江戸時代に毛利藩の御用商人であった菊屋家の屋敷で5棟の建造物が指定を受けている。建物各々に特徴が違い、時代を直に感じられるのが魅力。

史跡 萩城城下町

菊屋家外観は城下町萩の代表的な美しい景観を形作っている。江戸期の建物だけでなく、明治期~昭和期の由緒ある建物と邸内の2つの日本庭園も見どころである。

培われてきた生活の中のお茶文化

歴史的に茶道が盛んだった萩。正式なお茶事をするお茶人も多かったが、普段から来客に気軽にお茶をふるまい、日常の中でお抹茶を喫む習慣も結構あったようで、季節に合わせて座敷飾りを替えたり、四季折々の花や好みの道具でいただくお茶は癒しでもあったようだ。

開催情報

Information

開催日11月17日(金)・19日(日)・23日(木)・24日(金)・25日(土)
時間午前の部)17、19、23、24日 10時~11時30分
午後の部)25日 13時30分~15時
集合場所重要文化財 菊屋家住宅
〒758-0072 萩市呉服町1-1
アクセスJR東萩駅から車で5分。
萩博物館から徒歩3分。
駐車場市営萩博物館前駐車場をご利用下さい
料金4,500円
お支払い方法現金・コード決済(PayPayのみ)
定員最小1名~最大8名(6歳以上)
準備するもの
注意事項素足でのご来館はご遠慮下さい
予約方法・電話(9時~16時まで)
0838-22-0005

・メール(随時受付)
kikuyake@haginet.ne.jp

※臨時休館の場合があります。HPなどでご確認の上ご予約下さい。
予約申込期限開催日の2日前まで
キャンセル当日:ご予約料金の50%
無断キャンセル:ご予約料金の100%
こんな人におすすめです
  • お茶に興味はあるけれどなかなか体験できない方
  • 美味しいお抹茶を自分で点ててみたい方
このプログラムのキーワード
, , , ,