日常にある萩の素敵ポイントを体験する旅

06

古民家に泊まりながら萩を堪能する1泊2日の旅

「日常の中にある素敵な萩」を宿泊を通じてお届けするプログラムです。
プログラム内容としては、
・レンタルサイクルを活用して、萩市浜崎町に新しくできたカフェや建物へアテンド
・萩産のお野菜、お米、お蕎麦を提供するお蕎麦屋さんでのコースディナー
・古民家をリノベーションしてできた「一棟貸ホテル」への宿泊です。
日常の中にある、萩の素敵な部分を知ってもらい「また、萩へ来たいな」「自分の地域で活動するヒント探しの旅」と感じていただければと思います!

もてなす人

大串 茉里望(株式会社ヨシダキカク)

萩市へ移住し、1年経ちます。目に見えるものや、生活が新鮮だった頃とはまた違う萩の良さを日々感じています。私を迎え入れてくれた人に変わり、今度は私がみなさまを「日常の中にある萩の素敵ポイント」を感じていただく旅へご案内いたします。

きっちり決めた内容ではなく、当日お客様のご要望も伺い、自転車で旅をしたいと思っています!お気軽にお問合せくださいませ^^

過ごし方

Schedule

  1. 12:00〜 「はぎうみ」へチェックイン
  2. 15:00〜 「舸子176」にてティータイム
  3. 16:00〜 城下町、宿周辺をサイクリング
  4. 17:00〜 一度お宿で休憩
  5. 19:00〜 「さるのこしかけ」にてディナータイム夕食の会
  6. 21:00〜 宿でお休み〜翌日12時にチェックアウト

※当日の天候や営業状況により変更の場合があります

フォトギャラリー

Photo Gallery

こちらはご宿泊いただく「渚の一棟貸宿 – はぎうみ – 」です。 古民家を改装しており、2022年7月にオープンした新しい宿です。 新しさの中にも、階段や窓枠には古民家時代の名残が残っています。また、萩産の 檜を使用したサウナは11月の少し肌寒い時期、外気浴で整うには最高のシーズンです。 その他、お部屋にはピアノやプロジェクターもあり思い思いの寛ぎ方ができます。
最初にご案内するのは 萩市浜崎町に新しくできたカフェ「舸子176」。 こちらも古民家を改装してできたカフェで、カフェの中には蔵もございます。 スタッフさんが丁寧に入れてくれるお茶とデザートで、旅の疲れを癒してください。
夕食には、現役日本酒蔵人・尾崎三次が萩の土地で作るそばと野菜と日本酒をお楽しみいただける限定コース料理を準備しています。 店内の内装から全て手作り、尾崎氏の世界観満載のお店にてご提供いたします。 ご夕食をお召し上がりの際には、ここのお店でしか飲めないオリジナル酒「さるの 職人が一つ一つを丁寧に、個性的に仕上げた作品をお楽しみください。 ※アレルギーについては、ご予約前にお問合せください。

出会えるおたから

Treasure

舸子176

浜崎の古民家を改装してできたお店とお客さまをお出迎えするスタッフさん

浜崎伝建地区全体

浜崎伝建地区(浜崎の歴史と昔のものを残そうとする取り組み)にある建物や人

さるのこしかけ

現役蔵人・尾崎三次が萩の土地で作るそばと野菜と日本酒

その他

宿泊施設「はぎうみ」・・萩にあった古民家をリノベーションした一棟貸しの宿です。

開催情報

Information

開催日①11月18日(土)~19日(日)
②11月25日(土)〜26日(日)
時間12時~翌日12時(チェックイン〜チェックアウト)
集合場所はぎうみ
〒758-0052 萩市今魚店町61番地
アクセス
駐車場普通車3台
料金1名様 33,800円
2名様 67,600円(1名様あたり33,800円)
3名様 89,040円(1名様あたり29,680円)
4名様 110,480円(1名様あたり27,620円)
5名様 129,520円(1名様あたり25,904円)
6名様 148,560円(1名様あたり24,760円)

※ご宿泊人数によって宿泊料金が変わります。料金には、カフェ、レンタサイクル、夕食代、宿泊料金が含まれています。
お支払い方法・オンライン決済
・振り込み
・現金払い
定員最小2名~最大6名/1組
準備するもの宿泊セット(翌日の着替えなど)
注意事項当宿には環境面を考慮し、アメニティなどは置いてません。シャンプー、リンス、ボディーソープはございます。備品や宿に関する詳細は随時お問い合わせください。
予約方法・電話
080-2942-3692 

・メール(随時受付)
44dakikaku.o@gmail.com
予約申込期限開催日の7日前まで
キャンセル14日前~11日前:ご予約料金の30%
10日前~ 8日前:ご予約料金の50%
7日前~ 当日:ご予約料金の100%
無断キャンセル :ご予約料金の100%
こんな人におすすめです
  • 他地域で地域を盛り上げようとする人。城下町や歴史的な街並みという共通点を持つ地域に住む人たちが、実際に体験する側の人として、どんなコンテンツを届ければ自分達の地域も盛り上がるのか、もしくは、盛り上げるきっかけになれるのかをお土産に持って帰りたい・学びたいという人々。
  • イベントをキッカケでしか萩へ来たことない人。特別ではない日常の風景、萩へ来た人を迎える人を知ってもらうことで、まち博をしていない普通の日にも萩へ来てくれるように。
このプログラムのキーワード
, , , , , ,