いとをかしな和菓子づくり

07

イベント詳細


開催日

11月3日(日・祝)

時間

13時~ 

料金

3,800円

萩の街並みを感じて、手のひらサイズの和菓子で表現

4月から萩市浜崎町に移住された和菓子職人の今安 帆波(いまやす ほなみ)さんと一緒に和菓子を作ってみるひととき。菊屋家住宅のお庭でお気に入りの落ち葉を見つけて、和菓子で表現してみましょう。そして今回特別に和菓子職人の今安さんが、あなたのことを表現した世界に一つだけの和菓子をおつくりします。

もてなす人

大串 茉里望(おおぐし まりも)/株式会社ヨシダキカク

もてなし人はヨシダキカクの大串茉里望。昨年のプレイベントや春の博覧会でもプログラムを企画。

萩には幼少期に住んだことがあり、2022年に新卒で入社した会社のある名古屋市から孫ターン。

手のひらサイズの和菓子には、それはそれは素敵な物語がぎゅっと詰まっているのです。

歴史、花、風景、人柄。さまざまなことを一つの和菓子で表現することが和菓子の特徴であり魅力でもあります。

秋の紅葉シーズンに、萩の街並みを和菓子で自分なりに表現してみませんか♪

過ごし方

Schedule

  1. 菊屋家住宅に集合
  2. 館内を周り落ち葉を拾う
  3. 歩いて舸子176へ
  4. 舸子176にて和菓子づくり体験
  5. 終了後は、各自で萩の街散策をお楽しみください。
    ご希望の方には、おすすめのお散歩ルートをお伝えします。

※当日の天候や営業状況により変更の場合があります

フォトギャラリー

Photo Gallery

体験で作る和菓子のイメージ。色や形、模様を組み合わせて表現します。
舸子176のお二人(左:小川さん、右:今安さん)と一緒におもてなしさせていただきます。
その季節ならではの風物・風景を和菓子で表現します(写真は6月のアジサイ)
秋のプログラムでは菊屋家住宅さんにお邪魔して、落ち葉などをモチーフに表現したいと考えています。

出会えるおたから

Treasure

菊屋家住宅

国指定重要文化財指定されているところとしてもお宝ではありますが、なんといっても秋には期間限定でお庭が公開されます。昔の暮らしをもっと近くに感じることができます。

舸子176

萩市浜崎町にあるレストラン・喫茶・ギャラリーが併設されている建物。
築200年の町屋をリノベーションしてできた建物で過ごす時間はもちろん、時間をかけてつくられるお食事にも感動します。
萩を愛する人たちのおもてなしを感じてもらえる場所です。

開催情報

Information

開催日11月3日(日・祝)
時間13時~
集合場所菊屋家住宅
〒758-0072 萩市呉服町1丁目1番地
アクセス萩中央公園駐車場より徒歩5分 萩博物館前駐車場より徒歩3分
【JR】新幹線「新山口駅」→バス→「萩・明倫センター」→徒歩10分
【萩循環まぁーるバス】東回り「萩博物館前」バス停より徒歩3分
駐車場あり(萩中央公園駐車場もしくは萩博物館前駐車場をご利用ください)
料金3,800円
お支払い方法現金, クレジット
定員5名
準備するものエプロン
注意事項アレルギーをお持ちの方は事前にお問い合わせにて相談ください。
予約方法・電話
070-4067-8983

・メール(随時受付)
44dakikaku.o@gmail.com

・SNS(随時受付)
Instagram(@yoshida.planning
予約申込期限開催日の2日前まで受付可
キャンセル前日・当日・無断キャンセル 100%
こんな人におすすめです
  • おひとりさま
  • 家族連れ
  • 友人同士
  • 夫婦・カップル
このプログラムのキーワード
, ,